Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【価格表示のポイント】

    2010年12月22日

     
     
     

    一般的に価格が提示されていない商品・サービスを売る場合、販促
    ツールで適正な価格表示をしただけで、売上げが大きく伸びる場合が
    あります。
    特に、顧客の購買経験値が低い場合は、価格に対するものさしがない
    ため、「定価」の表示をすると、効果は絶大です。
    「顧客の要望をくわしく聴いた後に、価格を見積もって提示する」と
    いう手順は、相場価格が一般的認識としてあるときには、有効です。
    逆に、一般的認識でない場合には、顧客にとって、問い合わせに
    あたってのハードルになってしまいます。
    ですから、できるだけ価格は表示した方がよいのです。
    しかし、定価の表示はできない場合もあります。
    その際には、目安の価格を表示しましょう。
    ただし、ポイントがあります。
    よく見かけるのが、「30,000円~」という下限表示ですが、これは
    顧客に不安を与える可能性があります。
    「30,000~100,000円」と、上限も提示してあげるとよいと思います。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら