Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【視察受け入れで業績アップ】

    2011年2月22日

     
     
     

    いわゆる「現場」のある企業は、他の企業や外部団体からの視察を
    積極的に受け入れることが、実は、業績アップにつながります。
    5Sカイゼン活動に力を入れている篠崎運送倉庫には、多くの視察
    依頼が寄せられます。
    それらは、お客様からの依頼だけではなく、同業種を含め様々な
    企業・団体からです。
    しかし、基本的に断ることなく、誰にでも公開されています。
    頻度は、数ヶ月に1回ペースです。
    これは、「みんなで分かち合う経営」という自社の経営理念に則って
    そうしているのでしょうが、おそらく以下のような具体的メリットも
    感じているからではないでしょうか。
    1)社員が誇りを感じて、モチベーションが上がる
    2)視られることにより、現場のレベルが上がっていく
    3)視察受入実績を訴求することにより、引き合い案件が増える
    視察を積極的に受け入れることは、現場体制構築の面でも営業活動の
    面でもメリットがあり、結果、業績アップにつながるのです。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら