Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【大震災前後のビジネス志向性の変化】

    2011年4月4日

     
     
     

    東日本大震災の前と後では、ビジネスの志向性が大きく変わるのでは
    ないかと思います。
    おそらく、顧客は、コスト偏重主義から、環境・品質重視主義に
    シフトしていくでしょう。
    既に、大手企業には、リスク分散のためのサプライチェーン改革を
    検討し始める企業も、出てきています。
    また、東京電力東北電力の管轄エリアでは、当分の間、計画停電が
    実施されるため、どのように省エネオペレーションを確立するのか、
    各社は頭をひねらざるを得ません。
    省エネ施策は、地球温暖化防止やコスト抑制を目的としていた頃に
    比べて、緊急性と重要性の両方が大きく増しています。
    さらに、安全・安心に関する大事な投資も、今までのように経済的
    理由によって却下されることは、なくなっていくと思われます。
    コスト偏重ではなく、品質が高く、環境にやさしく、人間にやさしい
    やり方・あり方が、一気に主流になっていくでしょう。
    そして、その動きは、環境・安全・品質といったキーワードの、
    新たなマーケットを拡大させ、経済復興に寄与するはずです。
    わが国は、世界に先駆けて、この新たな時流への転換点を迎えました。
    再び世界の先端に立ち、リーダーシップを握るべく努力すべきだと思います。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら