Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【企業の判断基準】

    2011年4月25日

     
     
     

    大人の流儀
    大人の流儀」(講談社
    今月の頭に、多くの企業に、新入社員が入ってきました。
    また、その下の学年の人たちは、現在、一所懸命に就職活動を
    していることでしょう。
    そのような彼らに、ぜひ紹介したい一文があります。
    作家の伊集院静氏が、著書「大人の流儀」(講談社)の中で、企業を
    判断する際の基準について書いたものです。
    > 若い人たちは給与で企業を判断するが、己の半生を預け、
    > そこで懸命に働くことが人間形成につながるかということこそが
    > 肝心なのだ。
    伊集院静氏は、「企業のすばらしい点は、そこで働く人々の人生を
    背負っていることだ」と言います。
    さらに、「その家族を守り、社会を豊かにし、人々に何らかの貢献を
    していくのが企業活動だ」と述べています。
    そして、「ただ金を儲けるだけが目的なら企業とは呼べない」とも。
    船井流で言う『天職発想』にもつながってくる、含蓄のある主張だと
    思います。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら