Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【ハイブリッドな組織】

    2011年6月8日

     
     
     

    組織力を強化するためには、異質な者を混ぜ合わせる視点を持つ
    べきです。
    同じようなタイプの人ばかりでは、ぶつかり合いがあまり起こらない
    ため、新しいものが生まれにくく、変革のない、弱い組織になって
    しまう可能性が高いでしょう。
    2001年10月、トステムとINAXが経営統合し、現在の住生活グループ
    生まれました。
    当時、INAX創業者の伊奈輝三氏は、社風の違いを心配する社員に対し、
    次のように言ったそうです。
    「だから、やるんだ」
    社風が違うからこそ統合する価値があり、意見の違いによる衝突を
    活かして、新しいものを生み出し、成果を上げて、まとまっていく
    のだという決意です。
    つまり、社風は、とても大切な独自固有の財産ですが、(理念と
    ビジョンの共有が成されながら)「長所伸展の法則」に従って、
    融合を果たすことができれば、大成功だということなのでしょう。
    経営統合のような大きな話でなくても、人材採用活動や組織編制に
    おいても、重要な視点だと思います。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら