Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【何度でもやる】

    2011年8月6日

     
     
     

    「好きの反対は、無関心だ」と言った人がいますが、真理を突いた
    言葉だと思います。
    無関心からは何も生まれません。
    会社のことに無関心な社員が増えるほど、組織は崩壊に向かいます。
    ですから、経営トップがしなければならないことは、無関心な社員に
    関心を持たせることです。
    その方法は、地道なものです。
    例えば、部下の行動に無関心な社員に、関心を持たせるためには、
    定期的に部下の様子を訊くのです。
    できれば、毎日がよいでしょう。
    日々、「昨日は、○○さんはどうだった?」、「最近、△△さんは
    どんな感じ?」と訊かれれば、その社員も部下のことを気にせざるを
    得なくなります。
    先進IT企業のシャノンは、「セミナーマーケティング基礎講座」と
    いう主催セミナーを、計46回実施したそうです。
    それでも、毎回参加者があり、成果が出たと言います。
    どんなに興味深い企画のセミナーでも、その開催日時では、都合が
    よくない方もいます。
    また、復習のために、リピート参加していただける方もいます。
    同じ会社の他の方を派遣していただける場合もあります。
    ですから、成果の上がるセミナーなら、同じテーマで、内容を
    ブラッシュアップし、何度も開催すべきなのです。
    多くのマーケッターは、何度も同じ企画を実行すると、自分が飽きて
    しまいがちです。
    しかし、そこは顧客視点で考えなければなりません。
    セミナーマーケティング基礎講座
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら