Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【意志の力は弱い?】

    2011年9月9日

     
     
     

    脳科学の最高権威、京都大学名誉教授の久保田競氏は、悪癖を断つ
    ために、意志を強く持つというのは、脳のシステムとして理に適った
    行為ではないと述べています。
    人間は、心地よく感じるとき、脳の腹側被蓋野という領域が働き、
    脳内麻薬と言われる「ドーパミン」が分泌され、脳が活性化します。
    悪癖は、この現象が繰り返されることで、脳が、その行為を自然と
    癖にしてしまったものです。
    自分の思いとは関係なくとも、癖になってしまったものなのです。
    ですから、意志の力で対抗するのは、なかなか難しいのだそうです。
    久保田教授は、悪癖を断つためには、それをやめることによって
    得られるメリットを強くイメージする方が、脳の特性に合っていると
    言います。
    組織の悪癖を断ち、よりよくしていくためには、将来のビジョンを
    明確に打ち出し、しっかり理解させる努力をすることが、最も
    重要なのだと、脳科学的の側面からも言えるようです。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら