Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【ゴミ箱のない休憩室】

    2011年10月10日

     
     
     

    通販物流出荷代行サービスを行ない、多数のパート社員を擁する
    浜松委托倉庫 米津出荷センターの休憩室には、ゴミ箱がありません。
    パート社員の皆さんが持参した、弁当やおやつの包装材や食べ残し
    などのゴミは、各人の自宅へ持ち帰るルールになっています。
    なぜなら、自分が持ち込んだゴミの廃棄料は、会社が持つべきもの
    ではなく、個人で負担すべきものだと考えているからです。
    一方、会社で契約している仕出し弁当のゴミは、弁当事業者が持ち
    帰ります。
    こういった施策により、ムダな廃棄料が削られています。
    パート社員の皆さんは、ゴミ箱がないことについて、特に不満を
    持っていないようです。
    その理由は、センターの立ち上げ時からのルールだということも
    あるとは思います。
    しかし、一番のポイントは、なぜゴミ箱を設置しないのかという
    わけを、しっかり説明し、理解させているからでしょう。
    このような好事例を知ると、企業には、原則的に捉えると道理に
    適っていない、潜在的な悪弊が、多々あるのだろうと思えます。
    そして、それらは、道理を説けば、確実に排除できるのでしょう。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら