Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【講話録の効用】

    2011年10月26日

     
     
     

    朝礼や会議のときに、ご自身の想いを伝えるための講話の時間を
    設けている経営トップは、多いと思います。
    しかし、どれだけ熱く語っても、想いというのは、なかなか伝わら
    ないものです。
    従業員の方々とは、立場や見識が違うため、ある程度は仕方がない
    ことでしょう。
    さらに、相手が若い従業員なら、経験の差もあるため、なおさらです。
    ですから、経営トップは、同じことを、根気強く言い続ける必要が
    あります。
    ただし、想いを伝えるのは難しいですが、末端までどの程度伝わって
    いるのかを測ることはできます。
    その方法は、末端の従業員に、議事録を作ってもらうことです。
    ご自身の講話をまとめた議事録を作成してもらうと、その方がどの
    程度解かったのか、明らかに判ります。
    多くの会議では、ディスカッションで決まったことだけを議事録に
    残していることと思います。
    しかし、想いの伝達(伝えて達する)の度合いを測るため、講話の
    部分の議事録も作成するルールにすると、よいでしょう。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら