Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【​独りメシ】

    2012年4月7日

     
     
     

    業務の品質や効率を上げるためには、組織内のコミュニケーションを
    活発化させなければなりません。
    そのためには、各人の接点を増やすためのルールも必要です。
    コミュニケーションが悪い組織は、そのへんを野放しにしています。
    例えば、それぞれが、好き勝手な場所で、昼食を摂っている工場や
    物流センターがあります。
    人によっては、クルマの中で、ひとりで食べているという状況です。
    そういう職場は、たいてい仕事上のコミュニケーションも悪く、
    業務の品質や効率が上がりません。
    普段の会話がない者同士が、積極的に協力し合う関係になるのは、
    難しいからです。
    よって、会社として、「昼食は休憩室で摂り、よい関係づくりに
    努めましょう」といった指導をすべきです。
    罰則はなくてもよいですが、ルールに近い示し方をした方が、よいと
    思います。
    「休憩時間の過ごし方まで、関与するのはどうか?」という意見も
    あるでしょう。
    しかし、コミュニケーションの活発化が、業務の品質や効率の向上、
    そして組織の一体化・活性化につながるのです。
    皆の幸せのために、積極的に関与すべきだと思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら