Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【初期メニュー】

    2012年10月19日

     
     
     

    電話番号の記載のそばに、「お気軽にお問い合わせください」とある
    だけで、問い合わせ率は上がります。
    心理的ハードルが下がるからです。
    問い合わせをすることへの抵抗感を、できるだけ払拭してあげる
    ことが、販促ツールを作成するためのポイントなのです。
    そのために、さらに有効なのが、商談に入る初期の活動をメニュー化
    することです。
    例えば、大型機械の運搬・設置・搬入・移設を得意とするI運輸では、
    「無料現地確認」という初期メニューを作っています。
    見込み客からの要請により、現地に赴いて、現状確認の後、見積りを
    出すというサービスメニューです。
    従来から、普通にやっていることです。
    しかし、メニュー化して、ホームページなどの販促ツールに載せる
    ことで、問い合わせがしやすくなっています。
    ただ「お問い合わせください」というのではなく、「まずは、この
    メニューを使ってみてください」というオファーの方が、問い合わせ
    はしやすいものです。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら