Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【今こそニュースレター】

    2013年2月13日

     
     
     

    近年のBtoB営業の傾向のひとつは、案件の発生から受注までのリード
    タイムが延びてきていることです。
    市場の成熟や景気の後退、先行きの不透明さなどが、その背景として
    挙げられます。
    これから、案件化から受注に至るまでのフォローの仕組みを構築
    できていないBtoB企業は、どんどん苦しくなっていくでしょう。
    現状、顧客企業の投資意欲は、衰えています。
    その対策として、まず取り組むべきは、情報の定期配信です。
    例えば、ニュースレター(社外報)を定期的に発刊するのは、とても
    有効な手段です。
    既存顧客には、訪問時に持参、または請求書に同封します。
    見込み顧客には、郵送、またはPDFファイルをメールに添付して送付
    すれば、よいでしょう。
    ポイントは、顧客事例を載せることです。
    顧客事例こそが、こちらが知らせたくて、同時に相手も知りたいこと
    だからです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら