Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【成功事例を学ぶ意味】

    2013年2月21日

     
     
     

    スピーディーに業績を伸ばしたいなら、成功事例に学ぶべきです。
    特に、時流に適応して、最近芽が出ていた業態や商品・サービスの
    情報をつかむ必要があります。
    それに学んで、拡げるという手もあるのです。
    ただ、中には、「成功事例は、過去のものだ。今さら真似をしても、
    もう追いつけない。だから、意味がない」という人もいます。
    しかし、その考えは、間違っています。
    なぜなら、何事も、開発者が覇者になるとは、限らないからです。
    例えば、ウィンドウシステムのOSを初めて手がけたのは、アップル
    ではなく、ゼロックスでした。
    その仕組みを見たスティーブ・ジョブズが、衝撃を受け、その後、
    マッキントッシュとして商品化したのです。
    それから、ウィンドウズを開発し、さらに拡げたのはマイクロソフト
    でした。
    創る力と拡げる力は、違います。
    もちろん、自社で新しものを創ることは、すばらしいことです。
    しかし、拡げる力とは違うということは、認識しておくべきでしょう。
    成功事例を学ぶことが、スピーディーな業績アップのポイントです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら