Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【2020年物語】

    2013年5月16日

     
     
     

    中長期のビジョンを描くためには、言うまでもなく、想像力を存分に
    働かさなければなりません。
    その際に有効な手法は、未来形ではなく、現在形で考えることです。
    弊社の社長をはじめとする経営層は、それぞれの担当テーマについて、
    将来的に、どのような姿になっているかを描くという課題に、取り
    組みました。
    題して、「2020年 船井総研物語」です。
    ポイントは、現在形で記したことです。
    つまり、「~になる」ではなく、「~になっている」または「~に
    なった」という語尾で、情景を描いたのです。
    例えば、次のような感じです。
    「2020年5月、船井総研は・・・を行なった。7年前の2013年には
    想像もできなかったことだ・・・」
    現時点から未来を想定するのではなく、意識を、未来へ飛ばして
    しまった方が、現状にしばられずに、達成したい未来が見えます。
    大きなビジョンが描けるのです。
    ただし、人間は、達成の可能性が全くないようなビジョンは、想像
    できないものです。
    ですから、「できる」ではなく、「やりたい」を起点とした、この
    発想法は、達成可能な最大ビジョンを描ける、非常によいものだと
    思います。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら