Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【文化になるまで】

    2013年11月19日

     
     
     

    「ノーと言わない百貨店」を標榜するノードストロームには、
    「お客様の喜ぶことをしよう」という経営理念があります。
    また、「いかなるときも、あなたの良識を発揮してください。これ
    以外にルールはありません」というルールもあります。
    そして、これらの理念の浸透度は、すごいレベルです。
    その結果、すばらしいサービスの伝説を数々生み出しているのです。
    しかし、シアトルにある本店のコンシェルジュ部門のマネージャーに
    訊いたところ、「理念浸透のための取り組みは、特にしていない」と
    言います。
    「なぜなら、店長や部門長がする話が、毎日そのようなことばかり
    なので、特別な取り組みは必要ないから」だそうです。
    いわく、「文化になっている」のです。
    経営理念は、組織構成員の共通の判断基準です。
    ですから、憶えるだけではなく、使えることが重要です。
    同社のように、文化になり、全員が使えるようになっている状態が、
    本当に浸透していると言えるのでしょう。
    これからの組織なら、そのために、まずは幹部が使えるように、
    使い方の勉強会の機会を持つとよいと思います。
    ・「ノードストローム
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ


    「ノーと言わない百貨店」を標榜するノードストロームには、
    「お客様の喜ぶことをしよう」という経営理念があります。
    また、「いかなるときも、あなたの良識を発揮してください。これ
    以外にルールはありません」というルールもあります。
    そして、これらの理念の浸透度は、すごいレベルです。
    その結果、すばらしいサービスの伝説を数々生み出しているのです。
    しかし、シアトルにある本店のコンシェルジュ部門のマネージャーに
    訊いたところ、「理念浸透のための取り組みは、特にしていない」と
    言います。
    「なぜなら、店長や部門長がする話が、毎日そのようなことばかり
    なので、特別な取り組みは必要ないから」だそうです。
    いわく、「文化になっている」のです。
    経営理念は、組織構成員の共通の判断基準です。
    ですから、憶えるだけではなく、使えることが重要です。
    同社のように、文化になり、全員が使えるようになっている状態が、
    本当に浸透していると言えるのでしょう。
    これからの組織なら、そのために、まずは幹部が使えるように、
    使い方の勉強会の機会を持つとよいと思います。
    ・「ノードストローム
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら