Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【価格の見える化】

    2014年11月5日

     
     
     

    社員に節約癖を付けさせるためには、モノの価格を見える化するのが、
    ひとつの有効な方法です。
    例えば、コピー機やプリンターに、出力1枚当たりのコストを
    シールに書いて貼っておけば、節約の意識は、確実に上がります。
    また、コピー用紙や文房具などの資材、備品の置き場にも、持ち出す
    際にコストが判るように、明示しておくとよいでしょう。
    K運輸では、これらに加え、スパナやドライバー、バーコードリーダー
    などの共有のツール(道具・工具)についても、買ったときの価格が
    判るように、置き場に表記がされています。
    この施策によって、社員がツールを大事に使うようになったそうです。
    これも節約癖のひとつでしょう。
    社内のモノの価格を徹底的に見える化してみましょう。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら