Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【福利厚生企画立案のポイント】

    2015年9月28日

     
     
     

    福利厚生の企画を立案する際に、重要なポイントは、従業員に迎合
    するのではなく、その施策が、会社が望む結果に結びつくかをよく
    検討することでしょう。
    例えば、大阪市に本社を置く新興企業、トゥモローゲートの社内
    制度には、会社の姿勢がよく表れています。
    親族の誕生日や結婚記念日の特別休暇や産休・育休制度、退職金制度
    などの他に、以下のようなユニークな制度があるのです。
    ・ブック70%OFF制度
    ジャンルを問わず書籍の購入について、何冊でも会社が70%を負担
    ・新聞購読推奨制度
    新聞購読を推奨する観点から月額購読料金の50%を会社が負担
    ・住宅補助制度
    事務所から2駅もしくは2km圏内に住居を借りた場合、家賃の25%を補助
    どれも仕事の成果につながり、本人も会社も豊かになる良策です。
    福利厚生企画を立案するときは、「どうなって欲しいか」という望む
    結果から逆算して、「どうして欲しいか」を考える必要があります。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら