Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【2年目の先生】

    2015年10月28日

     
     
     

    多くの運送会社において、ドライバーの離職率が、最も高くなる
    期間は、入社後14日間です。
    これは、たいてい、トラックへの同乗指導の期間にあたります。
    つまり、同乗指導の不手際で、せっかく採用した新入社員が、離職
    してしまっている確率が高いということです。
    しかし、物流のグレートカンパニー、富士運輸は、あるポイントを
    押さえて、採用したドライバーを定着させ続けています。
    そのポイントとは、ベテランに指導を担当させないことです。
    理由は、熟練のベテランドライバーは、すでに自分流を確立しており、
    意外に、基本からしっかり教えることができないからです。
    基本をちゃんと教えなければ、上達がままならないため、不安を
    抱かせて、離職に至ってしまうリスクが、増大するのです。
    ですから、同社では、入社2年目のドライバーに、同乗指導を担当
    させているそうです。
    基本に基づいて、業務を遂行している2年目ドライバーは、伝える
    べきことをしっかり伝えてくれるため、最もよいそうです。
    なお、教えることは最も学びになりますから、指導員になった2年目
    ドライバーの成長の観点でも、大きなメリットがあります。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら