Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【アウトソーシングとアウトタスキング】

    2016年2月3日

     
     
     

    インターネットビジネスの権威、リッチ・シェフレン氏は、「成功
    するためには、効果的なアウトソーシングの方法を知らなければ
    ならない」と説いています。
    ただし、「大半の人のアウトソーシングに対する考え方は、間違って
    いる」とも、述べています。
    なぜなら、多くの人は、何とかして、最も安くやってくれる委託先を
    探そうとしているからです。
    最も安い委託先は、イコール最も信頼できる先ではありません。
    彼は、そのような先に頼むと、かえってコストが高く付くと言います。
    まず、選択することにたくさんの労力が掛かります。
    しかし、その割には、前にやってもらっていた委託先よりも、質が
    下がるというリスクを抱えてしまうのです。
    シェフレン氏は、そのようなやり方を『アウトタスキング』と呼び、
    「アウトソーシングではない」と注意を促しています。
    アウトソーシングとは、自社が持っていない専門知識を持っている
    人たちと長期的な関係を築くことを、意味します。
    注目すべきは、委託することによって、自社が注力すべき領域の
    パフォーマンスが、どれくらい上がるかなのです。
    「インターネットビジネス マニフェスト 完全版」
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら