Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(199)後継者の育成〈事例A〉

    2018年5月29日

     
     
     

    〈オヤジとリーダー〉

     

     A社長は70歳である。物流業を創業したのは、45歳の春。今では、車両台数50台、社員数70人の中堅物流業に成長している。年商は10億円、経営は堅実である。

     A社の経営会議のメンバーは、6人である。全員が現場出身で、創業メンバーである。A社長が独立の旗を上げた時、運転者として集まった者たちである。

     A社の成長要因はどこにあるか。

     ①人一倍汗を流したこと

     独立した時は、青ナンバー(免許)ではなかったので、同業者が嫌がる仕事を引き受けて、人一倍汗を流した。手積み、手下ろしは当たり前で、汗びっしょりの日々に耐えてきた。このハードワークに耐えてきたのが、成長要因の一つである。

     ②柱となるメイン荷主をつかんだこと

     創業して10年は、文字通り地をはってきた。免許を取得して、メイン荷主をつかむことができた。はじめは、わずかな額であったが、徐々に拡大していった。荷主が高度成長の波に乗ったのである。運送、それに配送センターの運営と、業容を拡大していった。必死についていった。こうした一歩、一歩で中堅物流企業へと脱皮していった。

     ③A社長の人柄

     創業メンバーの運転者が、経営幹部となっている。A社長についてきている。A社長を〝オヤジ〟ということで信頼している。経営幹部は全員、50歳を越えている。50歳を越えても、忙しい時には大型車のハンドルを平気で握って走る。フォークリフトにも乗る。全員が、野戦型のリーダーである。プレイングマネジャーである。1日中、机に座っていることは、まずない。

     とにかく、体を動かす。A社の成長要因は、結局のところ、人一倍の汗、メイン荷主の存在、社長の人柄に求めることができる。

     この成功要因に、暗雲がたち込めてきた。経営幹部も50歳を越えて、体力も弱ってきた。かつては24時間、眠ることもなく働き続けることができた体力も、年には勝てない。さらに社長も、70歳の坂を超えた。これから、A社はどうなるのであろうか。

     「社長と一緒にやってこられたメンバーも、50歳を越えました。後継体制はどうですか」

     現在の経営幹部の役職は、単に〝リーダー〟である。役員ではない。リーダーの中から、経営を任せられる人物はいるか。ドングリの背くらべであり、無理にだれかを引き上げようとすると、波風が立つ。引き上げられた者へのやっかみ、ねたみが生じる。「今まで一緒にやってきたのに、何であいつだけが役員に登用されるのか」との声が起きる。

     A社長は、役員構成は家族で固めている。ファミリーカンパニーという側面がある。

     筆者の問いに対して、A社長は「分からない」と答える。A社長には、息子がいる。40歳である。この息子は、学者の道に入っている。

     「今さら〝家業を継げ〟と言っても、わしの息子には無理ですよ」「確かに無理かもしれません。しかし、ファミリーカンパニーである以上、息子さんしかいませんよ」

     配送センターの土地取得と建物の設備投資で、3億円の借金がある。この借金を他人にすんなりとかぶせられるであろうか。まして、リーダーは全員現場出身で、今でもハンドルを握る者ばかり。いわゆる、経営者タイプではない。

     「後継体制はどうしますか」重ねて、筆者が問う。「もっといい会社にして、だれかに売るしかないかも知れません」と社長は苦笑いする。

         (つづく)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら