Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(205)生きつづける精神〈事例A〉

    2018年7月2日

     
     
     

    〈引き継がれると信じて〉

     

     人材育成と営業開拓への取り組み強化を行動計画の柱に据えて、A社はチャレンジ行動を開始した。

     A社の永続化へ向けてのチャレンジである。奇手妙手はない。人材育成と営業開拓の王道を行くのみ。

     企業再生のプロセスは、経営理念をベースとする変革行動にある。その際、ないない尽くしを絶望することはない。むしろ、ないない尽くし、いわば、人もいない、金もない、夢もないほうが、紙一重のところで逆転する。ないからこそある。知恵がある。闘志がある。前向きの力がある。

     失うことと獲得することは紙一重、生と死が隣り合わせみたいなものである。「倒木更新」の自然のリズムは、企業生命のリズムにも相通じる。深い深い思いを伝えていくことだ。

     言い換えれば、経営理念、A社では荷主第一、家庭平和、社会貢献ということになる。このコトバは生き続ける。日々を精いっぱい生きていく中で、必ず引き継がれていく。信ずることである。永続する志を、強く持つことである。

            以上

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら