Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    物流におけるムダ

    2013年7月15日

     
     
     

    物流における「ムダ」について、考えてみましょう。
    輸送・運搬のムダ
    横持ちや縦持ちが多くなったり、輸送距離が必要以上に長くなっていたりすれば、物流効率は低下します。
    「それぞれの輸送・運搬がどのような意味を持つのか」、「戦略的に本当に必要な輸送や運搬なのか」といったことを先入観に捉われず、チェックし、可能な限りなくしていく努力が必要です。
    動作のムダ・待ち時間のムダ
    物流現場内の移動距離が必要以上に長くなれば、作業時間が長くなります。
    積み替えや仮り置きが多くなったり、庫内の整理整頓がきちんと行われていなかったりすれば、物品を探す手間や時間がかかります。
    エレベータの待ち時間などが多くなることも残業を増やしたり、作業の流れを中断したりすることになり、物流効率化の阻害要因となります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら