Now Loading...
 
  • 運送会社

    マイシン 経営方針と小集団活動を発表

    2014年5月30日

     
     
     

    【愛知】商品と一緒に「安心」「満足」「笑顔」を届け、ひまわり便ブランドを展開するマイシン(辻直樹社長、豊橋市)は3月2日、「36期下期経営方針発表」と「小集団活動発表会」を開催した。同社では年2回、上期・下期経営方針の発表を行い、経営陣から乗務員までが会社の方向性や対策を全員が理解できるよう公表し、意思の統一を図っている。また、毎月行っている小集団活動の成果を発表し、グループ活動のレベルを向上させる狙いもある。
     清水二郎会長は「物流は生活のライフラインであり、産業の動脈でもある。誇りを持ってやってほしい。職業を通じて自分自身を磨き、成長してもらいたい」とあいさつ。続いて、辻社長が「行政基準の強化やドライバー不足など取り巻く環境は厳しいが、マイシンの独自性や強みを生かして頑張っていきたい。規制強化に耐えうる企業体質への転換や安全運行の強化、荷物事故の撲滅などに注力したい。皆さんと一緒に、元気で幸せと思えるような会社作りを目指していきたい」と決意を述べた。花木冨良専務が業界事情と営業方針を説明した。


    031504.jpg
     次に、メーンイベントの「活力朝礼コンクール」が実施された。職場ごとに編成された20グループが、日頃の朝礼風景とチームワークの良さをアピールし、競い合った。「あいさつ実習」「職場の教養の輪読」「経営理念の唱和」など、各グループが発表する中、辻社長自らが飛び入り参加する場面もあり、会場は集まった約140人の参加者の笑い声に包まれた。「訓練をしておかないと、客先を訪問した時にしっかりとしたあいさつが出来ない。あいさつは、コミュニケーションの基本部分。それが出来るか、出来ないかで企業イメージが変わってくる」と、辻社長はあいさつの重要性を説明する。永年勤続表彰や還暦祝いなども行われ、愛社精神や仲間意識を持つことで絆を深め、一致団結していくと誓った。
     設立当初の社名(邁進)のように「困難をものともせず、ひたすら突き進むこと」を目指し、更なる飛躍を遂げていく。
    ◎関連リンク→ 株式会社マイシン

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら