Now Loading...
 
  • 運送会社

    キャリーブルーム 委託ドライバー向けにマイナンバー冊子制作

    2016年7月26日

     
     
     

     軽貨物事業を展開するキャリーブルーム(横浜市都筑区)は現在、積極的に人材確保に取り組んでいる。
     代表の山根学氏は、もともとは飲食業に従事していた。「独立心があり、勝負するなら関東でと思っていた」ことから、4年ほど前に上京。「独立資金を貯めるのに、稼げる仕事は何か」と考え、歩合制による軽貨物の委託ドライバーとして働き始めたのが、運送業界に入るきっかけだったという。
     業界に足を踏み入れて感じたのは競争の激しさ。「他社とは違ったことをやらないと上にはいけない」という危機感を持つ。人材難という課題については、「しばらくは委託で固めていく方針なので、当社としては、まだ少子高齢化による人材不足は差し迫ったものではない」としつつも、「今後、会社規模が大きくなった時には、どう対応すべきかが重要な問題になってくるだろう」と懸念する。


    052621.jpg
     同社では、委託ドライバーとのコミュニケーションツールとして、マイナンバーに関する冊子を制作。「制度への認識を深め、今後のリスク対策に役立てて欲しい」という思いが込められている。「自分も経験してきたのでよく分かるが、個人事業主の委託ドライバーは入ってくる情報量が圧倒的に少ない」とし、「委託であっても、尊重してあげるところは、あってしかるべき」と語る。
     社名の「キャリー」は「運ぶ」、「ブルーム」には「満開、咲き誇る、繁栄」の意味を持つ。「関わってくださる皆さんが満開になり、繁栄するように」との願いが込められている。「取引頂ける会社さんがあれば、ぜひお声掛けを」。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら