Now Loading...
 
  • 運送会社

    裕進運輸 プリントトラックを2台導入

    2017年4月28日

     
     
     

     【三重】裕進運輸(渡部裕進社長、三重郡)はこのほど、プリントトラック制作会社「モバイルアド」がプリントした新規デザイントラックを導入した。
     導入したトラック2台のうち、1台はデザイン学校の学生を応援し、トラック業界の人材確保や品質向上などを狙ったLAC(村井秀世社長、東京都)の産学協同プロジェクト「街に芸術を」で表彰された小森美佳さんと平健次郎さんによるデザイン。車両の片面は水色を基調とした淡い色の背景に鯉が描かれ、もう片面には黄や青などを基調とした明るい色彩の背景に、デフォルメ化された動物がデザインされた。
     もう1台は同社がデザインしたもので、車両いっぱいに同社従業員の顔写真を印刷。背面にはホームページのQRコードが印刷されている。


    030207.jpg
     渡部社長はプリントトラックの導入について、「品質やドライバーのモチベーション向上のきっかけになればと考えた。ドライバーからは良い反応が返ってきている」と話している。
     「今回だけで終わらず、自治体とコラボした車両などを今後も導入していき、さらなる業界のイメージアップやサービスの向上を狙っていきたい」としている。
    ◎関連リンク→ 有限会社裕進運輸

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら