Now Loading...
 
  • 製品・IT

    極東開発工業 テールゲートリフタに新機種、長尺物の積載に対応

    2014年6月6日

     
     
     

     極東開発工業(兵庫県西宮市)は3月27日、垂直昇降式テールゲートリフタの新機種として、「パワーゲートⅤ600長尺ゲート」を開発し、1日から発売すると発表した。
     新機種は、垂直昇降式テールゲートリフタ「パワーゲート Ⅴ600」の新たなラインナップとして開発。プラットホームの長さを1500mmおよび2000mmとすることにより、バイクなど長尺物の積載に適した製品となる。
     テールゲートリフタは、トラック荷台の後部に取り付けたテールゲートが地面と荷台の間を昇降する装置で、荷物の積み下ろし作業の効率化・省力化を図る。


    041202.jpg
     なお、同社は垂直昇降式(Ⅴ型)、アーム式(S型)、後部格納式(G型)、床下格納式(CG型)など、様々な機種のテールゲートリフタを顧客のニーズに合わせて開発し、シリーズ化している。
    ◎関連リンク→ 極東開発工業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら