Now Loading...
 
  • 製品・IT

    オーユーシステム 運送向けソフト「車楽」、リモート営業で全国へ

    2016年6月3日

     
     
     

     中四国のシステム業界では珍しいといわれる「ユーザーとの直接取引」を展開するオーユーシステム(南石拓哉社長、岡山市北区)。SEがユーザー先へ出向き、個々のニーズをくみ取ってカスタマイズしたシステムを提案してきた。「取引がある全国の約1000社のうち半分近くが物流関係になっていることも踏まえ、デジタコを活用して労働時間管理などの徹底に取り組むトラック事業者のサポート強化は一つのテーマ。クラウドの拡充によってユーザーのコスト削減も進めたい」と南石社長。
     運輸・物流業向けのパッケージソフトとして知られる「車楽」シリーズ。平成4年9月の販売開始からバージョンアップを重ねてきた同シリーズは5年前から、その機能をクラウド環境で利用できる体制に進化。「初期コストを抑えたい」「どのパソコンからでも使いたい」「必要な期間だけ利用したい」といったユーザーの要求を満たすことが可能になった。
     中四国エリアを地盤にしてきた同社。すでに顧客は北海道から九州地域に広がっているが、さらに積極的に全国展開を図るうえで力を入れているのが〝リモート営業〟。「テレビ会議の様子をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれないが、要は居ながらにして車楽の実際の画面を見ながら〝お試し操作〟が体験できるもの。パソコンの画面には双方の担当者の顔も映し出されるため、同席しているような感覚での商品説明が可能になる」。メンテナンスにもスピーディーに対応できることはユーザーにとってメリットだ。


    042627.jpg
     昨年9月18日の社長就任から、まもなく7か月となる。「変化の早い情報ビジネスで生き残ってこられたのは『変わらない心』を大切にしてきたからだと考えており、引き続き『心をベースとした経営』をモットーにユーザー、さらに関係業界に選ばれる組織をめざしたい」と話す。
    ◎関連リンク→ 株式会社オーユーシステム

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら