Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ラッキーリバー オートボディープリンター導入

    2017年1月18日

     
     
     

     トラックのボディーデザインなどを手がけるラッキーリバー(京都府八幡市)は昨年5月、オートボディープリンターを導入。箱部分への会社のロゴや社名入れなど、より低コストでのプリントが可能になり、さらに顧客のニーズに対応できる設備を整えたという。
     「ボディープリンターの迫力ある仕上がりを見てほしい」と話す営業の山下忠雄氏(写真左)。様々な素材、凹凸面もきれいに仕上げられる。また、施工時間も短縮できて、面積が大きくなればコストも抑えられるという。
     同担当の万尾雅明氏(同右)は「車体のルーフ部分へのプリントはできないが、基本1時間もあれば乾く。2週間から1か月すれば、洗車機にかけても問題ない」とし、「高圧洗浄やコンパウンドなどは(研磨剤が入っているので)塗料が剥がれてしまう恐れがあるので使用しないでほしい」と説明する。


    121511.jpg
     両氏は「カッティングシートが主流のため、オートボディープリントは認知度がまだまだ低いと感じている」とし、「様々なレイアウトやデザインが可能で、変更も容易にできる。一度車両の汚れをきれいに落としてから取り組んでおり、大型車でも2日で仕上げられる」と話す。
    121512.jpg
     同社は車両を生かしたデザインのほか、車両以外にも様々な素材のプリントに取り組んでおり、会社のアピール、宣伝につなげられる提案をしている。
    ◎関連リンク→ 株式会社ラッキーリバー

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら