Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「仮眠とるならコンビニ駐車場」ドライバーと連絡とりやすい

    2009年7月7日

     
     
     

     「緊急の連絡などでドライバーのケイタイを鳴らしても、仮眠中だとなかなか起きない」と話す事業者は少なくない。そんな場合に「うまくコンビニを使っている」と広島県福山市の運送事業者。最近は幹線道路沿いの大きな駐車場を備えたコンビニで仮眠を取るケースが増えている。


     「ドライバーによれば、一部のコンビニでは駐車が3時間を超えると注意してくるようで、それは逆に考えると『3時間たてば起こしてくれる』ということ」。3時間後に注意してくれなかった場合が怖いが、「これまでのところは問題なかったみたい」と笑う。
     とはいえ、そんな危ない橋を渡り続けることはできない。そこで社長が思いついたのは「コンビニの駐車場に入ったら、まず何か買うこと。レシートにはコンビニの住所や電話番号が書かれており、ドライバーには『寝る前に店の電話番号を伝えるように』と指示する」のだという。
     仮眠中のドライバーがケイタイを取らない場合、会社から店に電話を入れて「もし○△運送のトラックが止まっていましたら、連絡が取れないので見てきてもらえませんか」と、お願いするらしい。「店主には『あとで何か買わせますので…』という一言は忘れない」とのこと。(長尾和仁記者)

     
     
     
     

    この記事へのコメント

     
    1. 【*^▲^*】 says:

      コンビニ店員ですが、いい大人がわざわざ起こしに行くという業務外の手間を「起こしてくれる」と表現したりするのかなり迷惑なのでやめていただけませんか?
      物流業の方は応援していますがマナーの悪いお客様は嫌いです。

      1
      1

    コメントをする

    ※コメントを投稿することにより、利用規約をご承諾いただいたものとみなします。

    内容をご確認の上、送信してください。

     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら