Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    レボインターナショナル マルエツグループの天ぷら油を回収

    2009年10月20日

     
     
     

     使用済み天ぷら油の回収・バイオディーゼル燃料へのリサイクルを行うレボインターナショナル(越川哲也社長、京都市伏見区)は今月から、マルエツグループ(246店舗)の使用済み天ぷら油の回収を開始した。使用済み天ぷら油からほぼ同量のバイオディーゼル燃料が製造でき、年間2844tのCO2削減を見込んでいる。


     マルエツグループ店舗から回収した天ぷら油はレボインターナショナル京都工場(宇治田原町)でバイオディーゼル燃料(C─FUEL)にリサイクルされる。レボ社では20年10月から、マルエツグループの配送車両2台にC─FUELの供給をスタートしており、今後拡大していく見込みという。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら