Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    神戸市 総合特区制度で国に意見書提出

    2010年10月15日

     
     
     

     国が進める「総合特区制度」で神戸市は9月21日、国内コンテナ港湾の集中と選択を進めることを目指す「阪神港国際コンテナ港湾戦略特区」と題した意見書など2件を国に提出した。
     税・財政上の現行措置や規制を緩和することで、阪神港で低コスト、多頻度・多方面にわたる国際輸送サービスを提供し、国際競争力強化に寄与できるとしている。


     総合特区制度は国の新成長戦略に基づき、規制緩和や税制上の支援措置を同時に行うことで、民間の力を最大限に発揮できるようにする施策。神戸市は今回、「神戸国際先端医療特区」と港湾戦略特区の2件を提案した。
     港湾特区では、(1)国内コンテナ貨物の集荷機能の強化(2)港湾コストの低減(3)民間視点による港湾経営の実現(4)物流関連企業や先端産業の立地促進による貨物の創出の4点を要望している。
    ◎関連リンク→ 神戸市

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら