Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    会社に不信感で運転者が退職 運賃収入を過小報告

    2011年2月17日

     
     
     

     給料の中で歩合給の比率が多いとされる運送業界では、運賃から高速代などの経費を差し引いたものに一定のパーセンテージを掛けて従業員に支給するケースは少なくない。また、運転者が運行した仕事について運賃をノートなどで情報公開し、その上で給料を支給するところもある。
     荷主から支払われる運賃をガラス張りにすることで従業員との信頼関係を築く狙いもあるが、公開している運賃収入を過小に報告している運送会社も存在するようだ。関西のある運送会社社長によると、先日、採用した長距離運転者は、売り上げをごまかす運送会社に嫌気がさして辞めてきたという。


     運転者が働いていた運送会社は、運転者ごとの運賃情報をノートに記し、自由に閲覧できるようにしていた。行きと帰りの運行ごとの運賃が細かく記され、公開することで特定の運転者に条件のいい荷物が偏らないように配慮。運賃から10%の管理費を差し引き、一定の運賃収入を超えた分にパーセンテージを掛けて固定給プラス歩合給の形で給料を支給。他の運転者の給料も一目瞭然でわかるようになっていた。
     ところが、その運送会社の社長は昨年秋ごろから、「荷主の景気が悪く運賃が下げられた」と執拗に従業員に強調し始め、運行ごとの運賃が1、2割程度減少し、従業員の給料も減り始めたという。
     ところが、荷主の仕事量は従来と変わりがなく、対応も以前のまま。不審に思った運転者は同じ荷主に入る仲の良い運転者仲間や配車担当者から情報を入手した。結局、運賃はまったく下げられていないことが判明。不信感を抱いた従業員は退職したという。
     運送会社社長は「前の運送会社がどういう理由で実際よりも低い運賃で情報公開していたのかわからないが、運賃に関する運転者の間の情報交換は敏感で素早い。会社と運転者との信頼関係を揺るがす行為で、言語道断だ」と話す。 

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら