Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川グローバルロジ 中国の現法2社が事業開始

    2011年2月24日

     
     
     

     佐川グローバルロジスティクス(荒木秀夫社長、東京都品川区)は1月27日、同社の中国現地法人である喜楽客思(シロックス)紡織品(上海)有限公司と青島喜楽客思服装有限公司の2社が、中国政府から新たにフォワーディング事業と倉庫事業の許可を取得したと発表した。事業領域の拡大に伴い、両社は基幹事業の物流加工(検品・検針・値札発行・店舗別アソートなど)に加え、中国各地の工場出荷から日本の仕向港到着まで一貫した物流サービス提供が可能になったという。


    0218-5.jpg
     両社はまた、この機会に2月1日付で社名を変更。喜楽客思紡織品(上海)有限公司は「佐川喜楽客思(シロックス)物流(上海)有限公司」に、青島喜楽客思服装有限公司は「佐川喜楽客思物流(青島)有限公司」にそれぞれ改めた。佐川グローバルロジスティクスでは「これまで以上に日本国内の佐川急便のネットワークと連携し、日中間一貫物流の強化を図る。さらに、拡大する中国国内のマーケットに高品質な物流サービスを提供していく」と説明している。
    ◎関連リンク→ SGホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら