Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    活用できない制度「環境対応型トラック導入補助」

    2013年3月19日

     
     
     

     国交省が2月28日から受付を開始した「先進環境対応型ディーゼルトラック等の導入に対する補助」。24年度の補正予算で急きょ設けられた補助だが、事業者からは「あまりに使い勝手が悪い」という声が上がっている。
     札幌市の事業者は「新たに補助制度を策定してくれたのはありがたいが、こんなに使いにくい補助はない。国交省には業界の実情をもっと知ってもらいたい」と指摘している。


     この補助の制度概要が公表されたのは1月28日。対象となる車両は1月15日〜3月29日までに新車新規登録されたもののため、事業者が補助を知ってから新車登録するまでの期間が短すぎ、実質的に「知ってから使うことが不可能で、たまたまこの時期に購入する予定だった事業者しか活用できない制度」となっている。
     同事業者は「我々は通常、財務状況を見ながら新車の購入を検討し、ディーラーと商談して発注をかけ、架装してから登録する。この間、数か月〜半年かかる。今からすぐに発注をかけても3月中の登録は完全に間に合わない。予算枠が15億円で上限は1台100万円なので、1500台分の補助。これでは業界への影響はほとんどない」と話す。
     同市内の別の事業者も同意見だ。「年度内に執行したいという役所の都合はわかるとしても、車両の登録が必要なら最低半年の募集期間は欲しかった。年度内に時間が残っていないなら、せめて来年度に登録した場合でも使えるような制度設計にしてもらいたい。知っても使えないと、指をくわえて見ているしかない」と苦笑いし、「今回の制度は行政の論理が優先し、事業者のことを考えていない印象を受ける。行政と事業者の距離感を象徴しているようだ」と話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら