Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    赤字企業、過半数続く 全ト協まとめ

    2013年4月23日

     
     
     

     全ト協がこのほどまとめた平成23年度経営分析報告書によると、トラック運送業における営業赤字企業の割合は、過半数を占める状況が続いており、保有車両10台以下の事業者で6割を超えていることが明らかとなった。さらに営業収益は6年連続、営業利益は5年連続と、ともに減少が続いており、トラック業界は依然厳しい経営環境にあることが伺える。
     同報告書は、全国のトラック運送事業者1976社の事業報告書に基づいて、全ト協が集計・分析したもの。


     同23年度の決算では、売上高(営業収益)は1社平均1億8948万円で、前年度の1億9217万円に比べ2.0%の減少となり、6年連続の減少。
     一方、営業利益率はマイナス0.9%で、前年度のマイナス0.6%からさらに悪化し、5年連続の営業赤字となっている。
     貨物運送事業の実際の営業損失は、1社あたり、180万円で、前年度の140万円に比べ、マイナス幅が拡大。
     一方、黒字企業の割合は、対象事業者1976社中841社と43%で、前年度とほぼ横ばい状態となっており、営業赤字企業が過半数を占める状況が続いている。規模別では、「10台以下」が63%と、赤字企業割合が6割を超えており、「11台~20台」が同60%、「21台~50台」が同53%となり、規模が小さい事業者ほど、赤字割合が高くなっている。黒字企業割合も、規模が小さいほど低い傾向が見られる。
     また、営業利益率1%、対売上高燃料費比率5%の事業者では、燃料の平均調達単価が20%超の上昇で、営業利益率は赤字に転落することが見込まれる。
    ◎関連リンク→ 公益社団法人全日本トラック協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら