Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ダイセー倉庫運輸 災害対策用造水機の運転訓練

    2013年5月10日

     
     
     

     ダイセー倉庫運輸(吉田憲三社長、愛知県小牧市)は4月10日、小牧市、消防署、小牧市民病院などと合同で、防災訓練の一環として造水機の運転訓練を開催した。同社は40周年を記念し、災害対策用造水機を同市に寄贈していたが、同市危機管理室が同市民病院への設置を決定。利用方法の研修を行った。


    418-7.jpg
     造水機製造元の東レから担当者が出席し、使い方を実演。災害時には1時間あたり4000Lの精製水をつくることができ、1週間続けて運転できると説明した。
     造水機は、自家発電モーターと手動の両方で動かすことができる。同病院の防水用貯水槽から水をくみ上げ、飲料水、生活水を精製した。
     このほか、同社が造水機を寄贈した丹羽郡大口町、半田市でも造水機の研修会を開催する。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら