Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    スワローマネジメント 三沼運輸をM&A

    2013年4月26日

     
     
     

     スワローマネジメント(中島祥輔代表取締役社主、東京都江戸川区)は4月1日付で、M&Aにより栃木県の三沼運輸(宇都宮市)の株式100%を取得。三沼運輸はスワローグループとして事業を展開する。同グループの澤木正洋COO(最高執行責任者)は「今期のグループ売上高は110億円を目指す」と話している。


     同グループは、グループ管理会社であるスワローマネジメントを中核に、スワロー輸送、スワロートラック、千葉スワロートラック、スワローロジプロ、京浜スワロートラックの物流企業5社と不動産会社2社で構成。従業員は1400人、保有車両800台を誇り、前期のグループ売上高は100億円をマークしている。
     三沼運輸は1950年創業の老舗で、同社代表だった三沼義男氏は栃木ト協の会長を務めたこともある。取引先は大手食品材料メーカーなどでバルク車、冷蔵車を中心に39台を保有。従業員40人。前期売上高は4億5000万円。
     M&Aは、三沼運輸からスワローマネジメントに相談が寄せられ、1か月ほどのスピード合意だったという。澤木氏は「グループの成長戦略の一環としてM&Aを実施した。現在、物流5社を合わせて首都圏を中心に18の支店・営業所を配置しているが、それぞれ配送エリアや車両、荷主に特色を持つ。グロスメリットとともにシナジー効果を追求していく」と説明している。
    ◎関連リンク→ 株式会社スワローマネジメント

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら