Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「荷姿手ごわい」一斗缶の輸送

    2013年9月26日

     
     
     

     他の出荷品の容器としてではなく、それ自身が製品として出荷される一斗(18L)缶を輸送する事業者。「出荷段階でも一斗缶は梱包されることがない。キズが付いたりすると受け取りが拒否されたりするのに」。荷姿からくる扱いにくさが、近未来の担い手不足すら予想させるという。


    090403.jpg
     「まるで、桐ダンスであるかのような扱い」。出荷段階の一斗缶について事業者は、そんな表現を選んだ。事業者の荷主が出荷する段階では、縦横に六つ並べられた一斗缶は6段重ねにされ計36缶がプラスチック製のバンドで結束。高さは2m、重さも40kg程度になるという。
     納品先では、「2階にまで階段で運んでおいて」などの要求も、付帯サービスとして日常のこと。缶そのものは剥き出しで、この段階で当てキズやヘコミをつくってクレームの対象になるという。
     同社社長は、「こうしたきつい仕事に人が今後、集まってくる可能性は低く、出荷の形を荷主に変更してもらうしかないのだが…」と話す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら