Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 人材確保の小委員会を設置

    2014年6月5日

     
     
     

     物流連(川合正矩会長)は3月25日、記者会見と記者懇親会を開催した。
     会見では26年度事業計画について説明が行われた。新規事業では、労働力不足問題への対応として小委員会を設置し、外国人活用の可能性なども探っていくとしている。また、物流に関するPR活動の推進として、合同企業インターンシップや合同企業説明会の開催などを進めていく。


     毎年行っている大学寄付講座では、これまでの関西大、横浜国立大、一橋大の3校に加え、今年度から新たに青山学院大でも開講する。また、7月には川合会長を団長とする海外視察団を結成し、欧州の物流現場の視察を行う。一方、事業の見直しも行い、物流実務研修講座の再検討など、研修事業の圧縮を図っていく。
     会見で川合会長は、長距離の大型ドライバーの高齢化と若年労働力の減少など、今後のドライバー不足を懸念した上で、「物流を将来に渡って持続可能なものとするため、モーダルシフトを促す努力をさらに強めていかなければならない」と訴えた。
    ◎関連リンク→ 日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら