Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    全国レッカー協組総会 他団体と交流を

    2014年7月4日

     
     
     

     全日本高速道路レッカー事業協同組合(佐藤正良理事長、東京都港区)は5月27日、通常総会を開催。平成25年度事業報告及び決算、同26年度事業計画及び収支予算など、第8号議案に渡って審議、議案通り承認した。
     決算では、共同購買事業として997万円、交通事故対策事業として934万円の売り上げを計上した。


    061412.jpg
     同組合は現在、全国のレッカー事業者189社が加入しており、その活動は技術研修部会、事業統括部会、広報渉外部会、支援隊部会、業界推進部会、青年部会、教育部会の七つの部会が中心になって動いている。
     26年度は他団体との交流を活発化させるなど、レッカーロードサービス事業の品質向上を図っていく。
     総会終了後には、記念講演が行われ、国交省東北地方整備局企画部企画課の武藤徹課長補佐が「東日本大震災~初動の実相と教訓~」をテーマに講演した。
    ◎関連リンク→ 全日本高速道路レッカー事業協同組合

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら