Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ドライバーの見た目

    2014年11月12日

     
     
     

     トラックドライバーの一昔前のイメージは「ねじりハチマキに腹巻き、雪駄」。いまではほとんど絶滅してしまっているが、それでも「もう少し、なんとかならないか」というドライバーは少なくない。
     しかし、「ドライバーの見た目は、ほとんど気にされていない」というのは愛知県の運送事業者。「社長になったころ、服装や身なりを厳しく注意したことがあり、何人か辞めた。仕方がないと思っていると、取引先から『あのドライバーが来ないのなら取引をやめる』と言われてしまった。その担当者は『ドライバーの仕事に服装は関係ない。ウチのことをよく理解している彼にしかできないことが多い』と言ってきた。目からウロコが落ちた」という。


     一方、「身だしなみには気をつけているし、きちんとしたあいさつができない人にはハンドルを握らせない」という運送事業者も多い。その社長は「ドライバーは会社や荷主の顔」という。
     どちらの社長も「いい仕事をしたい」という気持ちに変わりはないだけに判断は難しい。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら