Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    燃料サーチャージ 実運送が儲かるシステムを

    2015年2月20日

     
     
     

     「燃料サーチャージとは一体、何だったんだろう」という中部地方の運送事業者。ト協の役員も務める同事業者は「正月を過ぎて原油価格は半額になったものの、軽油価格はそこまで下落していない」と嘆く。
     「確かに燃料サーチャージで潤っている運送事業者もいる。しかし、それが孫請け・ひ孫請けやその下までいっても、きちんと受け取られているのかどうか」とし、「荷主や元請けからはきちんともらって、下請けに流さない場合も多いと聞く。『企業努力をして、サーチャージ収受に成功したのは、こっちなんだから』ということらしいが、それではいつまでたってもよくならない」と指摘する。


     「実運送事業者が儲かるシステムをまず作ること。これが最優先されるべき。そうでなければ、誰も油を使ってクルマを走らせようなんて思わない」という同事業者。「右から左へ荷物を流す取扱事業者も必要だが、それだけではダメ。書面化にしても、やれる範囲ではやっているものの、目覚ましい効果が出ているとはとても思えない」という。

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •