Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    三井物産リアルティ・マネジメント 六甲アイランドに物流センター用地取得

    2015年2月26日

     
     
     

     三井物産リアルティ・マネジメント(東京都千代田区)は1月23日、開発型不動産ファンドを組成し、神戸市東灘区の六甲アイランド地内で土地を取得したと発表。今後、取得した土地に食品及び食材の保管・配送を行う3温度帯の物流センターを建設し、運用を行う予定。
     同ファンドは、三井物産及び国内の大手機関投資家が出資する物流施設特化型の開発型
    プライベートファンド。
     名称は六甲アイランド物流センター(仮称)で、敷地面積は約2万6000平方㍍、鉄骨造り2階建てで計画延べ床面積は約3万3000平方㍍。竣工時期は2016年5月を予定する。


     同社は、これまで物流施設や物流開発用地の取得を中心にファンド組成を行ってきたが、今後は、物流施設を中心とした産業系アセットやオフィスビル、ヘルスケア施設などの他、アセットクラスへの新規取り組みも積極的に検討するとしている。
    ◎関連リンク→ 株式会社三井物産リアルティ・マネジメント

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •