Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ナルキュウ・酒井誠社長 管理者の育成手法など解説

    2015年4月2日

     
     
     

     ドラコン優勝者を輩出したことで有名なナルキュウ(静岡県磐田市)の酒井誠社長は2月6日、兵青協の研修会で「一流の管理者・一流のドライバーの育成」と題して講演した。同青協の会員約50人が聴講した。
     管理者の育成手法としてドラコンを採り入れたとして「やらなくても体制に影響のない余分なことを、真面目にやれる人間をつくること」が「一流」への近道だと逆説的に指摘した。
     ドライバー人材の下地教育については、トラック駐車時の「輪止め」が役立ったとした。輪止めを採り入れたきっかけとして、なだらかな傾斜のついたパーキングエリアに駐車していた同社のトラックが谷底に落ちた過去の出来事を紹介。そのうえで、「自社に合ったものでないと(下地教育は)無駄になる」とした。


    022101.jpg
     ドライバーがやる気を出す給与システムについては、目指す会社像をポイントに直すなどの仕組みづくりが必要として、実践例を紹介した。
    ◎関連リンク→ 株式会社ナルキュウ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら