Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ナルキュウ酒井誠社長 プロ運転者養成に尽力

    2015年6月23日

     
     
     

     全国ドライバーコンテストの4トン部門で優勝者を輩出し、昨年JTDO(日本トラックドライバー育成機構)を設立するなど、人材育成に尽力している酒井誠社長(ナルキュウ、大府市)。「どういうドライバーになるかは会社の文化が決める。水槽の中に水が入っていくようなもの。その水をきれいにするのが経営者の役目であり人材教育だ」と語る。
     「良い会社の文化がある所なら、どういうドライバーでも良いドライバーになってくれる。いい加減な社内文化の所では、良いドライバーが入ったとしても、いい加減なドライバーになってしまう」と指摘。著書でも有名になった「輪止めの徹底」も社内文化やドライバーの下地作りの一環であると語る。「輪止めも会社に合っていたからやっただけで、それぞれの会社に合ったやり方をやればいい。輪止めを通じてドライバーとしてのあるべき姿を学んで欲しい」と話す。


    043003.jpg
     同社長が「輪止め」の次に考案する安全教育は「常にハンドルを握っていること」。発案には社長だけではなく、ドラコン優勝者の倉本健一さんの意見も採り入れ、「これができないドライバーをプロと呼びたくない。(自分が)運転中、一瞬でもハンドルから手を離すような人間だったら全国大会を優勝することはなかった」と倉本さん。酒井社長が伝えるプロドライバーの精神は確実に根付いているようだ。
    ◎関連リンク→ 株式会社ナルキュウ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら