Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    サンワNETS 創立45周年記念式典でさらなる飛躍を誓う

    2015年4月29日

     
     
     

     サンワNETS(水谷欣志社長、静岡県袋井市)は4月18日、オークラアクトシティホテル浜松で創立45周年記念式典を盛大に開催。従業員や同社の創生期を支えたOBら関係者約400人が参加した。
     村田和彦常務が開会の辞を述べ、前方スクリーンに映し出された創業当時の写真を見ながら、これまでの45年の軌跡を振り返った。
     同社は昭和45年4月15日、レンガ工場を営んでいた現会長の山崎久隆氏が「山崎運送」として、社員12人・トラック10台で発足させた。同48年5月、本社を袋井市新池に移し、社名をサンワ運輸倉庫に変更。同50年、初の自社倉庫を開設。同56年、木原倉庫建設と倉庫免許取得。平成2年の20周年を機に、現在のサンワNETSに社名変更。同10年、社運をかけて掛川物流センターを建設。同19年、山崎氏が会長に退き、水谷氏が社長に就任。第38期から水谷新体制となり、様々な事業に着手。今年は川崎物流センターも開設した。


    052517.jpg
     式典で山崎会長は「紆余曲折があったが、皆様の支えでここまで来れたことを感謝したい。心の通った取引をし、社員の幸せ、会社の発展を願い、50周年を迎えたい」と述べた。水谷社長は50周年に向けての5年間を重要だと位置付け、「これからの5年間は『備える5年間』。(1)人材確保と教育(2)現在の仕事の質を高め、その仕事を更に拡大(3)新しいノウハウの取得・チャレンジ」と展望を述べた。
     続いて、新たに制作された社旗・社章の披露や、スローガン、永年勤続のそれぞれ表彰が行われ、水谷社長と山崎会長から賞状と記念品が贈られた。記念講演では、元衆議院議員でタレントの杉村大蔵氏が「政界と芸能界から見た日本」をテーマに講演。杉村氏の軽妙な語り口と裏話で、会場は笑いに包まれた。ものまねタレントによるショーも行われ、大いに盛り上がった。
     「受け継ぐ伝統・輝く未来 サンワNETSグループはみんなが主役!~Movin’on next50~」。これは、45周年を記念して全社公募から誕生したスローガン。この精神で同社は、50周年に向けて更なる飛躍を誓う。
    ◎関連リンク→ 株式会社サンワNETS

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら