Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    Jファーム苫小牧 高糖度トマトをシンガポールに出荷

    2015年7月1日

     
     
     

     JFEエンジニアリング(東京都千代田区)はこのほど、グループ会社のJファーム苫小牧(木村康一社長、北海道苫小牧市)が同市のスマートアグリプラントで生産したトマトを「シンガポール明治屋」に出荷したと発表。
     Jファーム苫小牧では、トマトやベビーリーフの生産量の増加に伴い、国内外への販路拡充に努める中、シンガポール明治屋が4月から5月にかけて開催する「北海道フェア」「感謝祭」で、糖度10以上の高糖度トマトなどの試食販売を行う。


     現在、シンガポールでは、ごくわずかな日本からの輸入野菜に対し、富裕層を中心にニーズが高まっている。「こうした高付加価値品種を国内外に展開し、自社農業ビジネスを成長させるとともに、スマートアグリプラントの拡販を目指す」としている。
    ◎関連リンク→ JFEエンジニアリング株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら