Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    レッカー協組 新理事長に亀山氏

    2015年6月16日

     
     
     

     全日本高速道路レッカー事業協同組合(佐藤正良理事長、東京都港区)は5月27日、第15回総会を開催した。
     平成26年度事業報告と決算、同27年度事業計画並びに収支予算について審議し、議案通り承認した。
     決算では、購買事業収益が1006万円、交通事故対策事業収益が743万円など収入6694万円を計上する一方、支出6674万円を計上。前期繰越剰余金と合わせ15万円を今期に繰り越した。


    060403.jpg
     任期満了に伴う役員改選では、亀山善之氏(トータスカーアシスタンス)が新たに理事長に就任した。亀山新理事長は、組合員が当初の81社から191社にまで増えた現状を説明し、「我々に求められる社会の期待も大きくなっており、団結力と技術力を持って、課題に取り組んでいきたい」とする一方、「トップダウンではなく、組合員の調和を目指して活動していきたい」とし、「全身全霊で理事長という職務を全うしたい」と、抱負を述べた。
     総会ではまた、技術研修部会や広報渉外部会、教育研修部会などの今年度の取り組みが説明された。
     総会終了後には懇親会が開催され、全国から集まった組合員らが懇親を深めた。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら