Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「住むーぶ全国交流会」 ノウハウ共有、悩み解決

    2015年6月30日

     
     
     

     全国の業務提携している事業者が集う、第4回「住むーぶ全国交流会」が、大阪コロナホテルで6月5日から1泊2日の日程で開催された。同交流会は自社の強みを生かし、さまざまな事業展開例を各社が本音で紹介し、ノウハウの共有とともに現場の悩みを解決するというもの。1日目は13社・17人が参加し、活発に意見が交わされた。
     1日目は、各社が自己紹介を兼ねて自社の状況を約5分で報告。セイコー運輸の宮髙豪氏による「住むーぶ」の理念報告後、カロカ急配、ティスコ運輸(山形市)、六郷小型貨物自動車運送(秋田県仙北郡)の3社が、取り組み事例の報告を行った。各社からは、引っ越しサービスでの運賃問題や、寒冷地での雪かきサービスなどの取り組み、「引越安心マーク」の取得などについて質問が出た。


    061817.jpg
     さらに、顧客レスポンス対応型Webサイトへの移行、全国パートナー各社の情報発信強化、全国未開拓地域の運送会社の発掘を目的としたWeb更新案、さらに3ブロック制導入で協力関係を結びやすくし、地域の特性を生かす「住むーぶ」新体制案を発表。
     2日目は、「Web・体制・ブランド」について討論。「住むーぶ」発展のため戦略を全員で考える機会を設けた。提案について決議が行われ、各社が今後の意気込みを話し、閉会した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら