Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コンビニとの関係 共同配送と受け取りサービス

    2015年10月26日

     
     
     

     共同配送とは、バラバラに運ばれている荷物を一本化し、効率的に運ぶ方法だが、コンビニ配送ではすでに同じ方法を実現している。例えば、「クロワッサン」を見てみたい。ローソンでは「クロワッサンスイート」、サークルKサンクスでは「チョコクロワッサン」、ファミリーマートでは「焦がしバターのクロワッサン」を販売している。どれもプライベートブランドの商品だが、すべてが山崎製パンで製造されている。
     コンビニ各社のプライベート商品でも製造会社が同じであれば、共同配送のような効率的な物流システムを構築することができる。
     また、コンビニを宅配便の受け取り先するケースも増えている。セブン―イレブンではヤマト運輸の宅配サービスの窓口になっている。ローソン、ファミリーマートはさまざまなECサイトのコンビニ受け取りサービスを実施している。


     全国で5万4000店以上あるコンビニは、物流との関わりも深く、生活に欠かせないものとなっている。

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •